デートクラブで働くにはどうしたらいいの?

パパ活最前線に突入しよう

デートクラブという名のビジネス

デートクラブを利用する際は、まず目的を明確にする必要があります。 何も考えずに利用しようとしてしまうと本来の目的を達成できないで終わってしまう可能性があります。 女性側も働く際は求人を見ることになると思うのでそのデートクラブの趣旨をきちんと理解しなければなりません。

目的ははっきりさせる

彼女が欲しいわけでもないけど女性と遊びに行きたい。
無性にこんな気持ちになることはありませんか。
しかし、そもそも簡単に遊び相手となってくれる女性を万人が見つけられるわけではありません。
相手にもよりますが、容姿を求められるケースもある以上、仕方のないことではありますが不公平感はあります。
なら風俗に行けば良いという方もいるかもしれませんが、性的欲求を満たしたいというよりは純粋に女性とのデートのようなことをしたいだけの人にそれは酷な話です。

しかし世の中は面白いもので、そういった需要に応える為のサービスさえもビジネスとして、既に提供されています。
このデートクラブと呼ばれるものがビジネスである以上、サービスを受けるにはこれも例外ではなく対価を支払う必要があります。
賛否はあるでしょうが、少なからず社会に貢献しているのは事実として受け止めなければなりません。

また、デートクラブには大雑把に分けて二種類ほどタイプがあります。
これらがどう違っているのか、どういう時に使うのかなどをしっかりと理解しておかなければ実際に利用した際に戸惑うことになってしまうでしょう。
男性側にも利用するにあたって様々な目的があるように、女性側にも様々な目的があります。
それをはっきりさせる為にも両者の違いはおさえておきたいところです。

ここではこれらの違いや、利用する側の視点から、デートクラブで働く女性について掘り下げを行っていきます。

会員限定のクラブ

会員制のデートクラブではその名の通り、登録を済ませた会員のみしか参加することが出来ません。 安心して利用することを目的としている為、身分を証明するものを始めとした、登録に必要なものが幾つか、そして審査という名の面談の場というものが設けられます。

デートクラブとリスク管理

出会い系とは多少異なる部分はありますが、デートクラブにも危険は付き物。 隙を見せればつけ入れられてしまいますし、犯罪もしくはそれに準ずる事態に発展するケースも残念ながら珍しくはありません。 自分の身を守れるのは他の誰かではなく自分自身だけです。

TOPへ戻る