パパ活最前線に突入しよう

>

デートクラブとリスク管理

避けるべき点

特に高所得層がメインのデートクラブは審査も厳しく敷居が高いのでトラブルに発展することはあまりありませんが、逆に誰でも登録出来るような敷居の低いデートクラブはその分審査が緩く、リスクが大きくなります。

身体の関係込みと事前に取り決めをしていれば何ら問題はありませんが一番典型的な例は、デートのみと考えていたにも関わらず身体の関係を迫られるといったケース。
これはデートクラブ側に落ち度があるわけですが、適切なマッチングが為されていないが故に陥るトラブルであり、女性自身の意思で避けるのは難しいです。
なるべくそうならないようにする為にも密室や人気の少ない場所には行かないようにしましょう。
人目のつく所であれば、万が一強引に迫られてもすぐに助けを求めることが出来ます。
最終的に自分の身を守ることが出来るのは自分自身ですから、このようなリスクもあることを承知の上で働かなければなりません。

ヒヤリングは大事

トラブルに巻き込まれない、安心して働くことが出来るデートクラブを見つけるには、デートクラブ側が要望をきちんと聞いてくれることが大前提です。
例えそれが会員登録制のものであってもお店に所属するデートクラブであっても同じ。
場所によっては審査の際に1時間以上、ゆっくりただ時間をかければ良いというわけではありませんが、すぐにOKを出されるよりは信用出来そうな感じはしませんか。
働くことになる女性の情報や要望がはっきりしていればいるほど真っ当なデートクラブであれば、理想の男性に出逢える確率が高くなります。

休日は何もしていない、趣味もない、興味のあるものもない、では男性とマッチングさせるにはなかなか厳しいものがあります。
マッチングしないか、良くても適当な男性とマッチングさせられるのが関の山でしょう。
アイデンティティを確立させることもトラブル防止に少なからず繋がることを覚えておきましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る